新田パパ

パパが家族をご機嫌にできる簡単な方法(パパのための勇気づけの子育て vol.6)

更新日:


アドラー心理学を基礎とした「勇気づけの子育て」を実践している、アドラー勇気づけパパの新田浩也(にったひろなり)です。

お陰様でこのコラムも第6回目となりました。

みなさんの勇気づけライフはいかがでしょうか。

「ダメ出し」から「ヨイ出し」への切り替え、信頼してお口をチャック、そして、どんな自分にもオッケー。

子供と自分に嬉しい変化はありましたでしょうか?

第5回目までで、いろいろ話してきましたが、パパが家族をご機嫌にできる簡単な方法があります。

アドラー式子育てを含め、いろんな子育て法がありますが、結局、行きつくところは・・・、

 

『大好き』という言葉が持つパワー

アドラー式子育てを含め、いろんな子育て法がありますが、結局、行きつくところは。

「大好きハートマーク」って言い続けること!

お金も時間もかかりません。

幼児さんには、大好きぎゅーハートマーク。抱っこ。

小学生高学年男子にも、大好きぎゅー(軽め)。

妻には、嫌がられない程度に。。。

言葉に出さなくても、心の中で言うだけでも。

表情や体全体の雰囲気に出るんだと思います。

パパの「大好き」が、どうして効果があるか?

その答えは!!!

パパは、子供もママも、ただ純粋に大好きだから!

なので、大好きって言葉にはパワーが注ぎ込まれてくるのです。

ちなみに私、1年前までは、娘に、大好きって言っていませんでした。

大好きって言うのも、最初はぎこちなかったです。

前回の繰り返しになりますが、アドラー式子育ての目的は

  1. 自分が好きであること【自己受容】
  2. 他の人たちを信頼できること【他者信頼】
  3. 自分は役に立つ人間だと感じること【他者貢献】

引用元:SMILE講座(ヒューマンギルド開発の親子関係セミナー)

ただただ「大好き」って言われ続けたら

自分は価値がある人間。

愛されている。

みんな優しい。

信頼できる。

自分は役に立っている。

そんな気持ちがぐんぐん育っていきます。

大好きって言えるポイントはたくさんあるのですが、(私も含め)言う癖がついてないと、なかなか言えなかったりします。

これも練習、1日2回。朝起きた後と。夜寝る前。

実はそれだけできれば、その日にあった嫌なことをひっくり返し、全てが大好きになります。

大好きって言うのは、慣れてないと、最初はぎこちないかもしれません。

でも、大好きって言われたら嬉しいですよね。ママに大好きって言われたらどうですか?

続けていれば、無意識に言えるようになっていくはずです。

是非、今日から始めてみてください!

新田パパのブログ紹介!

勇気づけの子育て日記を公開中!
ハッピーアドラーライフ
是非、こちらから覗いてみてくださいね!

■参考文献

新田パパのTOPページはこちら

勇気づけの子育て
是非、こちらから覗いてみてくださいね!

 





-新田パパ

Copyright© 川崎パパ塾(パパの子育てと地域との関わり方が学べる父親学級) , 2019 All Rights Reserved.