川崎パパ塾

~パパのイクジが学べる、パパ友が作れる~

秋鹿パパ

第2話:子どもの誕生と価値観の変化

更新日:


妻が妊娠した時はその後の準備について何をどこから始めれば良いのか分からなかった。初めてのことだったので、当たり前と言えば当たり前。ただ嬉しかったのはよく覚えている。

子供が生まれてからは家の中での役割も明確になった。

出産と同時に専業主婦となった妻は、昼間は一人でワンオペ育児。休日と夜は自分もサポートして対応した。とは言えオムツ替え以外はもっぱらお風呂当番&抱っこ担当。それでも「大切にしないと」という責任感は日に日に大きくなっていく。他の人に任せるわけにはいかない。子育ては自分が進んでやらなきゃいけない一大プロジェクトだと気がついた。

日々試行錯誤の子育ても順調に進み、長女は丸々と太って目に見えて成長していった。将来を案じるほどの肉付きの良さであった。そして幼稚園最後の年に次女が生まれ、一人目の時と同じように責任感を自覚した。

自分が一番大切にすべきものが何であるか、もはや明確であった。

そうして二度目の子育てをしていく中で自然と頭の中で色々なものを天秤にかけ、取捨選択して、優先順位が変わっていった。

 

第3話:転勤辞令が意味すること

入社前の面接で転勤できるかと聞かれ「できます」と即答した記憶がある。そういうものだと思っていた。社内にも総合職はいつでも転勤OK、という暗黙の了解があった。そのことについて書面で詳細な契約を交わした覚 ...

続きを見る

秋鹿パパの「人任せにしない生き方」

いい大人だから妥協もできるし、少々の我慢もできる。サラリーマンをやっていれば当たり前である。でも自分にとって一番大切なものは譲れない。選択権は渡さない。どうせなら楽しく、主体的に生きていたい。せっかく ...

続きを見る








-秋鹿パパ

Copyright© 川崎パパ塾 , 2017 AllRights Reserved.