川崎パパ塾

~パパのイクジが学べる、パパ友が作れる~

加藤パパ

第3回目:イタイのイタイの飛んでいけ②「飛んでいくだけじゃない!」

更新日:


世界の「痛いの痛いの飛んでゆけ」を紹介している某医療メーカーのCM皆さんご存知ですか?私はあのCMとても好きです。

◇フィリピン(タガログ語)
⇒Arayarayumalis ka.
(痛いの痛いのどこかいけ)

◇アメリカ(英語)
⇒Pain, pain go away, come again another day.
(痛いの痛いのどこかいけ。別の日に戻ってこい)
なのだそうです。

これだけ同じようなことを言っていると起源が気になりますが、今回はそれ以上に伝えたい事が!今年の1月なのですが、群馬大大学院研究グループによる発表の面白い記事がありました。
打撲などで痛む部分を「さする」行為が神経の再生効果につながり、TRPV2というたんぱく質が細胞内にカルシウムイオンを取り込ませ、神経の再生を促し神経の突起が伸びるとのこと。
イタイのイタイの飛んでゆけ①では痛みの抑制する回路の説明に留まっていましたが、なんと損傷の回復にも関与していたということで、「手当て」の身体への影響は計り知れないですね。

皆様、マッサージを誰かにしてあげたくなってきましたか?
実技編もそのうちに・・



加藤パパのコラムのトップ

※コラム「パパの引出し」 (パパの引出しは、「宝の山」)








-加藤パパ

Copyright© 川崎パパ塾 , 2017 AllRights Reserved.