川崎パパ塾

~パパのイクジが学べる、パパ友が作れる~

市川パパ

カメラを覗かないノーファインダー撮影(より自然に撮影):パパカメラ(2)

更新日:


今回ご紹介する撮影方法は「ノーファインダー」

ノーファインダー(和製英語)=カメラのファインダーを覗かず撮影すること。 一見、雑な撮影方法に聞こえてしまいますが、様々なメリットがあります

【ノーファインダー撮影のメリット】

自分の撮影の癖(構図)に捉われず、斬新な写真が撮影が可能
※構図の癖:いつも人物(対象物)を中心に置いてしまうなど
②手が届く範囲の、あらゆるアングル撮影が可能
※地面すれすれから、2メートル以上の高さまで
③カメラを構えないので、相手の自然な表情の撮影が可能
※相手に不快感を与えてはダメですよ

特に今回、お伝えしたいのは、①③のメリットです。ファインダーを覗いても撮影できるが、あえてノーファインダーにすることで、今までにない雰囲気の写真が撮れます。


【家族写真への応用】

こちらの写真は、ピクニック中、娘の写真を撮影した写真です。
問題:「娘は何を見て、微笑んでいると思いますか?」
ノーファインダー撮影

答え:「娘は、パパ(私)を見て、微笑んでいます」
つまり、私は娘と楽しいお話で会話中、こっそり横からノーファインダー撮影。
そしてポイントは、たくさん撮る(ノーファインダーは失敗も多いため)そして撮影が終わっても、お子様との大切な時間を、そのまま継続させること

皆様の子育てライフ、に少しでも参考になれば幸いです。

市川パパの「写真を撮ろう!楽しもう!」

私は、娘の誕生をキッカケに、一眼レフを購入した素人カメラマンです。なので、実は、あまりカメラの専門的な知識はありません。 この連載コラムでは、カメラの技術的なお話をするのではなく、パパが「カメラの世界 ...

続きを見る








-市川パパ
-

Copyright© 川崎パパ塾 , 2017 AllRights Reserved.